トップ > 事故にあわないために > ヒグマの出没状況
【サイトマップ】へ ヒグマの出没状況
更新:平成30年11月5日
担当:北見方面本部地域課

 この時期のヒグマは、冬ごもりの準備のため行動が活発化し、「爆食」(ハンター用語で、ものすごく食べること)をします。しかし今年は、食料となる秋の山の実なりが不作であり、さらに食料を求めて人里(住宅街付近)など広範囲に出没するおそれが高く、人身被害の発生も懸念されます。
 下記の『ヒグマに遭わないために』を参考に、十分な注意をお願いします。
ヒグマの出没目撃件数
    年  別

 署   別

平成25年中
目撃件数
平成26年中
目撃件数
平成27年中
目撃件数
平成28年中
目撃件数
平成29年中
目撃件数
 平成30年 
10月末現在
目撃件数
総数 72 166 175 109  232  258
警察署別の内訳 北見署 26 56 54 25  79  62
遠軽署 14 28 37 33  30  32
網走署 10 26 20 25  51  34
美幌署 2 5 13  11  16
斜里署 4 1 26 10  30  34
紋別署 7 33 18  18  44
興部署 9 17 7  13  36
警察署への出没目撃通報で計上
 
 
『ヒグマに遭わないために』
事前にヒグマの出没情報を確認しましょう。
単独での行動は危険なので避け、複数人で行動しましょう。
熊鈴、ホイッスル、ラジオなどで音を出し、人の存在や接近を知らせましょう。
ヒグマの足跡やフンを見つけたときは、すぐに引き返しましょう。
薄暗いときの行動は控えましょう。(ヒグマは夜行性動物で危険です。)
食べ物やゴミは持ち帰りましょう。

(北見方面本部管内ヒグマ出没マップ(pdfファイル86KB)
・・・ 熊を目撃したり、足跡を発見したときは直ちに引返し、警察、市町村役場などにお知らせ下さい!!・・・
 

前のページへ トップページへ